蜂の巣駆除で困っているなら専門業者のサイトを探してみよう

悩まされた場合の対応

ネズミ

現地調査と対策の早期実施

ねずみ被害はわずかの期間の間に急激に拡大する場合がある。被害拡大が予見される場合は、早めにねずみ駆除を行う業者に委託することが望ましい。これは素人では行うことが難しい現地調査に基づく専門的なねずみ駆除が可能だからである。業者による現地調査を行うと、どこにねずみがいるのか、出入りする場所はどこかを特定又は推測し、その場所に適したねずみ駆除方法が提案される。具体的にはねずみの残した足跡やかじり跡、糞などの目視やファイバースコープなどによる調査を建物内部、天井裏、床下などで行い、ねずみの痕跡を調査していく。また、ねずみ駆除の具体的な方法は、捕獲、薬剤散布、忌避剤の使用などである。調査結果を元に業者が適切と判断される方法を選定し、実行される。これらの作業は、ねずみ被害を把握した場合、なるべく早い段階で行うことが望ましい。

委託処理の特徴

実際にねずみ駆除で使用する道具、薬剤などは、素人でもホームセンターで購入することができる。一方、これらを使いこなして、又、過去の経験、知識を活かしてねずみ駆除を行おうとすると、はやり業者に委託して実施するほうが確実なねずみ駆除につながるものと考えられる。ねずみの習性を理解して駆除を行う必要があるし、ねずみの種類により特徴や生態が異なるからである。特に薬剤散布により広範囲で効率的なねずみ駆除を行おうとすると、人体やペットなどに影響しないよう、専門的な知識を要する。また、毒えさによる根絶や罠により捕獲しようとする場合にも、ねずみの習性を知った上で行動範囲を推定し、これらを設置する必要がある。こういった点からもやはり、専門業者に委託して効率的に駆除することが望ましい。

このエントリーをはてなブックマークに追加