コールセンターのシステムを改善!業務の生産性を向上

より良い専門業者を見つけるためのチェックポイント

  • 実績の高さ
  • 口コミ・評判の良さ
  • ランニングコストの安さ

コールセンターシステムの役割

状況監視

コールセンターシステムの役割のひとつに状況監視があります。オペレーターが顧客と揉めていないか、情報漏えいに繋がるような動きがないかをチェックしセキュリティーやコンプライアンスの向上を図っているのです。

情報管理

コールセンターシステムの役割の中には業務を円滑に進めるための情報管理が行なわれています。掲示板などを利用して業務の引継ぎを行なうことで伝え忘れといったミスをなくすことが出来るのです。

案件管理

顧客とのやり取りをしっかり依頼者に伝えるために、案件管理は徹底して行なわれています。どのような要件で連絡があって、どんな対応をしたのかを事細かく報告することによって顧客のニーズを収集することが出来るメリットに繋がります。

CTIの達成

コールセンター業務において顧客への対応は大きな企業ほど限られてきます。しかしシステムを導入することで総着信数や応対数を可視化することが出来るため、CTIの達成が行ないやすくなります。

コールセンターのシステムを改善!業務の生産性を向上

ヘッドセット

企業の受付

企業では毎日様々な問い合わせがきます。製品やサービスの問い合わせを本社で行なっていると、受付に人員を取られてしまい効率が悪くなります。最近では受付専用のコールセンターなどを設けている企業も多くなっています。

新規立ち上げなら

新規でコールセンターを立ち上げるなら、受付業務に強い専門業者を利用するといいでしょう。システムの構築などのノウハウを持っている専門業者に委託することでスムーズに立ち上げることが可能になります。また、現在のコールセンター業務に専門業者の提供しているシステムを導入するだけで生産性を上げることも出来ますよ。

細かなサポート

顧客とやり取りをするうえでクレーム対応は避けては通れないでしょう。しかし専門業者のスタッフはコールセンター業務に長年携わっているベテランなのできちんと対応することが出来ます。また本社への報告もきちんと行なうので安心して任せることが出来るのです。

広告募集中